絆を強くするもの

絆を強くするもの

「絆が大切」と誰もが言います。

2011年3月11日に発生した東日本大震災を機に
絆の大切さを見直された方も多いのではないでしょうか。

私もこのコラムはもちろん、震災の前年に発表した拙著でも
売上を上げる前に、お客さまとの絆をつくろうと言い続けてきました。

なお、絆という言葉の語源は、
馬と柱をつなぎ止める綱から由来しています。

綱で何かを「つなぐ」という意味から転じて、
人と人の気持ちをつなぐ「絆」という言葉になりました。

私たちはどうすれば絆を強くすることができるのでしょうか?

答えは色々あると思いますが、ひと言でいうなら、

絆を強くするものは「想い出の量」だと思います。

物語を一緒に作った数ともいえます。

苦楽を共にする。
喜びを分かち合う。
困難を乗り越える。
寝食を共にする。
同じ釜の飯を食う。

そんな想い出に残る出来事を一緒に積み重ねること。
一朝一夕にはいかない。だからいいんだと思います。

釈迦に説法ですが、信頼関係を
一瞬でつくるなんてできませんよね。

冒頭にある通り、このコラムは「ありがとう」と
喜ばれる事が嬉しいという方にお届けしています。

あなたは間違いなく「喜ばれるを喜びに」できる人です。
そして、そうした感性がある人が絆を強くすることができる人です。

言葉遊びのようですが、
絆は喜綱(きずな)、嬉綱(きずな)とも解釈できます。

「喜ばれるを喜びに」です。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。